吠え癖の少ない飼いやすい犬種とは?

吠え癖の少ない飼いやすい犬種とは?

飼い犬が無駄吠えするのは、しつけが上手にできていない証拠です。

 

ただし、犬種によってよく吠える犬とそれほど吠えない犬とに分けることができます

 

犬を飼ってみたいと思うものの自分では躾ができないと思っているのならば、犬は飼わない方が良いと思います。

 

しかし、あまり無駄吠えをしない犬種を選ぶことでかわいい犬との生活が送ることが出来るようになります。

 

あまり吠えない犬種を選ぶことで周りの迷惑も少しは和らげることができます。

 

犬種によって吠える時の声の質も違い、吠える時の声の大きさも違います。

 

ですから、マンションで犬を飼うのか自宅で犬を飼うのかによって、犬種を選ぶことも必要なことです。

 

犬の種類と吠えやすさ

 

マンションで犬を飼う場合は犬のストレスに最大限注意しなければいけません。

 

マンションで犬を飼う場合に活動的な犬であれば、散歩を怠ったりするととてもストレスを溜めてしまうことになります。

 

犬はストレスがたまると、そのストレスを発散させるために吠えるという行為を起こすようになります。

 

犬は犬種によってその役割や運動量が違います。

 

例に出すとセターという犬種がいます。

 

このセッターは社交的で周りの人を警戒することをあまりしません。

 

小さな子供がいる家庭では子供の遊び相手として買われることが多い犬種です。

 

ですから、警戒してお吠えるという行為はセターにはあまりありません。

 

これと反する犬を例に出すと、コーギーは警戒心が強く、自分の知らない人が近づいたりするとよく吠えるという傾向があります。

 

同じくしてチワワもよく吠える犬種です。

 

体も小さく臆病なくせに好奇心旺盛で、無駄骨のしつけをされていないチワワは甲高い声で吠えることで知られています。

 

犬にも性格がありますが、犬種別にみるとこのような特徴があります。

 

このように吠える犬の場合はしつけを行うことによって、吠えない犬に育てていかなければいけません。

 

それが飼い主と犬との共存する上でとても大切なしつけになります。

 

犬は飼い主に従順で見た目もとてもかわいいのですが、しっかりとした躾をすることが大切です。

 

犬は人間よりも環境への適応能力が強く、しつけも特別に難しくはありませんので、無駄吠えのしつけをきちんとしていきましょう。