吠える犬について

吠える犬について

犬のしつけの中でも、吠え癖や無駄吠えに対するしつけで悩むことがいちばん多いと思います。

 

吠えることによって、ご近所に迷惑をかけてしまうことを考えると、早急に無駄吠え対策が必要になってきます。

 

無駄吠えをしないということがしつけにおいて一番重要といっても過言ではないでしょう。

 

具体的な無駄吠え対策

では、無駄吠えや吠え癖を矯正するにはどのようにしたらよいのでしょうか?

 

犬は飼い主に従順です。

 

その習性を利用して、雨と鞭を与えてしつけをするのが一番効果があります。

 

飼い主が良いと思うことをしたときにはおやつを与え、悪いことをしたときは叱ります。

 

これらのことを繰り返しながら犬は学習していきます。

 

なかなか、人間のように言葉でのコミュニケーションは取れないので、行動で示してあげなければなりません。

 

犬の欲求不満

犬をしつけするうえで、犬が欲求不満になっているときはうまくしつけることが出来ません。

 

散歩に行きたいのに、数日間行ってないような状況の時は犬もすとれすを抱えているので無駄吠えをするようになります。

 

適度に散歩などで運動をさせてあげるのも飼い主の役割です。

 

まずは、犬に欲求不満にならないようにすることがしつけの第一歩と言えます。

 

毎日鎖につながれた生活ではストレスがたまるのも無理はありません。

 

しつけの基本は「おすわり」

犬のしつけと言えば一番に思い浮かぶのが「おすわり」ではないでしょうか?

 

この「おすわり」がすべてのしつけの基本となります。

 

お座りが出来るようになるという事は、飼い主のいう事を聞けるようになった証です。

 

無駄吠えをしているときに、飼い主が 「おすわり」 と言えば吠えているのを止めることが出来ます。

 

しつけは、毎日の食事を与えるときや、散歩時、おやつを与えるときなどにしつけていけば上手にしつけることが出来るようになります。

 

ご近所とのトラブルを避けるためにも、犬の無駄吠えはきちんとしつけをしないといけません。