吠える犬のしつけ方法

吠える犬のしつけ

犬のしつけ情報は大変多くネット上に見受けられますが、犬の吠え癖や無駄吠えを矯正することができない飼い主さんが多いのはどうしてなのでしょうか。

 

おそらくほとんどの飼い主さんは、ご自身の犬のしつけのやり方が間違っているということに気づいていません。

 

そもそもしつけそのものを理解していないことが多い様です。

 

犬のしつけの基本原則

 

犬が人間と共存するにはしつけを行わなければいけません。

 

もし、しつけを行うことを怠った場合と同様になるか。

 

これは人間と同じで、教育を受けていない人間と同様になります。

 

やっていいことと悪い事の区別がつかず、自分の意のままに行動してしまうようになります。

 

犬をしつけるということは人間と共存するための基本原則なのです。

 

犬のしつけで最大の問題は無駄吠え

 

犬のしつけの中でも最大級の問題は無駄吠えをすることです。

 

吠え癖があると、場所も時間も関係なく吠えてしまいます。

 

この声は近所迷惑になり、近隣とのトラブルにもなりかねません。

 

よく考えてみてください。

 

自分の家の犬であれば吠えていてもまだ我慢することも可能です。

 

しかし、よその家の犬が吠える声は気になるはずです。

 

自分がゆっくりくつろいでテレビなどを見ている時によその家の犬が吠えたらどうでしょうか?

 

つまり、自分に関係ない音というのは騒音以外の何物でもありません。

 

マンションなどで犬を飼っている場合直ぐに苦情を言われてしまいます。

 

犬が吠える理由

 

犬が吠えるのには理由があります。

 

犬が吠える理由を飼い主がきちんと理解することで、犬の無駄吠えをやめさせることが出来きます。

 

犬は吠えなければ生きていけないわけではありません。

 

人間がしゃべらないと生きていけないなんてことはありませんよね。

 

犬が吠える理由は、散歩不足の欲求不満であったり、リードに繋がれたままだったり、犬自身の周りに起きる異変に対する警戒であったりします。

 

また外で犬が吠えていると共鳴して吠えてしまうこともあります。

 

もしかすると病気や怪我でどこかが痛いのかもしれません。

 

そんな時も吠えることしかできないのは、訴えるために吠えるのです。

 

犬の無駄吠えをやめさせることは難しい事ではありません。
しかし、しつけるための基本をしっかりと押さえておかなければいけません。

 

アメとムチを与えることです。

 

犬にとってのご褒美はおやつや、散歩などです。

 

好ましい行動をとった時はご褒美をあげ、悪い行動をすればお仕置きをしてムチを与えなければなりません。

 

これらを繰り返しやっていけば、必ずしつけは成功します。

 

しつけができていない人の多くが、犬にお仕置きをするのが可哀相だと思って、甘やかしてしまう飼い主さんです。