吠える犬しつけのポイント

吠える犬のしつけのポイント

犬は吠えることでストレスを抱えている飼い主さんは非常に多くいます。

 

犬の無駄吠えで、近所迷惑になって悩んでいる人が8割を超えます。

 

犬は吠えるのは当然のことなので、犬ばかりを責めるのではなく、飼い主である自分が ”しつけが出来ていない” ということを認識してください。

 

犬の吠え癖や無駄吠えをなおすことはしつけで出来ます。

 

とはいうものの、多くの人が自分が飼っている犬の無駄吠えに悩まされています。

 

その理由として言えるのが、しつけのポイントを理解していないことです。

 

何度も言いますが、犬が吠えるのは当然のことなのです。

 

飼い主がしつけを怠れば、犬は吠えたいときに吠えます。

 

飼い主に自分の意思を伝えようと思って吠える場合もあるでしょう。

 

また、知らない人がいたり、自分の周りに異変が起きると吠えてしまいます。

 

こんな状況になると、家に来客があった時にはその方に対して失礼になります。

 

また、散歩中に他の犬や子供たちを見て吠えてしまうと怖がらせてしまいます。

 

犬はもともと狩りをするときのパートナーとして人間と一緒に生活してきました。

 

人間が狩りをして獲物を取って生活しているときは、犬が吠えるということは犬にとっては仕事でした。

 

不審なものが近寄ってきたり、危険を察知した時に吠えるのが仕事だったのです。

 

しかし時代も変わり、現代の犬の役目といえば、主に癒しです。

 

飼い主を癒すことが犬の主な仕事になりました。

 

現代では無駄吠えをすることは、犬と人間の共存を邪魔するものになりました。

 

無駄吠えをしないようにするためには、犬にとっての悩みや原因を取り除いてやることが大切なのです。

 

叩いたり、おどしたりして無理やり押さえ付けて、無駄吠えをやめさせるのではなく、犬が自分の意思で自然と吠えるのをやめるように導くようなしつけをすることが重要です。

 

今どうして飼い犬が吠えているのか、その理由を探って正しいしつけを行えば犬は吠えなくなります。

 

吠える犬をしつけるためのポイントは、適切なタイミングで適切な処理をしてあげることです。