犬の吠え癖や無駄吠え対策

愛犬の無駄吠えをやめさせる

こんなはずじゃなかった・・・

 

こんなに吠える犬になってしまうなんて思ってもみなかった。。

 

犬を飼い始めて最大の悩みが、無駄吠えではないでしょうか。

 

知らない人の姿が見えれば吠える

 

飼い主の姿が見えなくなれば吠える

 

散歩していて他の犬が見えれば吠える

 

玄関のインターホンが鳴れば吠える

 

とにかく愛犬が吠えることで、飼い主の私たちはストレスになってしまいます。

 

可愛がろうと思っているのに、叱りつけることばかりで、犬にとっても飼い主にとっても決して良い関係ではありません。

 

せっかく、可愛い家族が増えたのに・・・

 

 

吠え癖のしつけ

犬の無駄吠え対策-ワンブル

犬だから吠えるのは当たり前です。

 

人間がしゃべるのと変わらないことです。

 

知らない人が来たら 「おまえ誰だ!」 と言っているのでしょう。

 

チャイムが鳴れば 「は〜い今行きまーす」 と言っているはずです。

 

しかし、犬は ”ワン” と吠えることしかできないため、非常にうるさく感じてしまいます。

 

私たち人間の勝手な言いがかりかもしれませんが、犬と暮らすためには、むやみやたらに吠えないようにするためのしつけが必要です。

 

私たち飼い主が吠え癖を直すしつけをするのは非常に難しいとされています。

 

プロのドッグトレーナーなら可能かもしれませんが、私たち飼い主はどのようにして吠え癖をやめさせることが出来るのでしょうか。

 

1つだけはっきりと言えるのは、吠え癖を直すのは子犬の時のほうが直しやすいということです。

 

 

吠え癖が悪い方向に進むと

 

吠え癖をほったらかしにしておいて、わがままに育ててしまうと、人に対して威圧的な態度をとるようになってしまうことがあります。

 

牙を?きだして唸ったり、最悪の場合は?みついてしまったりするようになります。

 

こうなると、飼い主としては大変な問題になります。

 

 

是が非でもどうにかしなければ他の人に危害を加えてしまうと、損害賠償をしなければいけなくなったりします。

 

犬がこのような状態になると、飼い主だけの力ではどうすることもできません。

 

このような最悪の状態になるまでの過程にはいろんな要因があったことが考えられます。

 

攻撃的な態度を改善するためにはひとつづつ、要因を探っていって取り除いてやる必要があります。

 

飼い主の私たちでは、それらの要因を見つけ出して改善してあげることは不可能に近いことです。

 

結果として状況を改めることが出来ないという事です。

 

吠え始めの頃にきちんとしつけをすることで、このような行動を起こすこともなくなります。

 

時間がたてば経つほど、改善は難しくなってきます。

 

吠え癖のある犬は近所迷惑になります。

 

攻撃的な犬は危険極まりありません。

 

子犬のうちからきちんと無駄吠えのしつけをすることを心掛けておきましょう。

 

 

犬が攻撃的にな時きとは

 

犬が攻撃的になる場合はいくつかの場合があります。

 

子供を守るための母性が働いて攻撃的になる。

 

縄張りを守るための防衛本能で攻撃的になる。

 

恐怖に対して攻撃的になる。

 

しつけをきちんと受けている犬は、飼い主をリーダーだと認識しています。

 

リーダーだと思われていれば、飼い主のの言うことを聞きます。

 

飼い主が毅然とした態度を取っていれば、犬はそれを自然と理解します。